Home
プロフィール
映画劇伴音楽
ストリーミング
BLOG
お問い合わせ

大野恭史ピアノ演奏動画集


主にYou tubeの映像ですが、大野の演奏の模様です。こんな感じで演奏しています。



東京都の「アートにエールを!」で公開されました作品です。"Rockn'Roll Sonata"という新作でロック以外にあらゆる要素が入っています




大野恭史の緊急事態宣言前のラスト生ライブー阿佐ヶ谷のヴィオロンでのライブの前半部分です。(2020年4月3日)




大野恭史の緊急事態宣言前のラスト生ライブー阿佐ヶ谷のヴィオロンでのライブの後半部分です。(2020年4月3日)




大野恭史のピアノ作品で皆さんの反響が高い2曲ー"Short Story"とアメリカ時代に作ったジャズベースの曲"Gotham City Waltz"




大野恭史は元々ヒーリングミュージックの作家としてデビューしました。その関係で癒し系の作品が多くあるのですが、その中の何曲かをピアノソロとしてまとめました。自粛で自宅におられる方のために




大野作品で反響が非常に高い"Short Story"です。ある一人の人間の人生をイメージしています。映画のテーマに使えそうですがまだ映画音楽にはなっていません(笑)




・大野ピアノソロライブ。現在ホンキートンクピアノによるライブ活動も行っております。これはみなさんよくご存じのピアノのソナチネをラグタイム風に料理したものです。カメラは360°カメラを使用




大野恭史のフリージャズ風の曲ですが少し「仕掛け」がしてあります。アドリブの中に皆さんよくご存じのメロデイが入っています。4曲ありますが全部わかりますか?


大野のピアノ新作ー"ピアノのための3つのリフ"リフとは単純な繰り返しのフレーズのことです。(於アートカフェフレンズ)

>


大野のオリジナル"Patio"です。オーケストラとバンドのためのジャズテイストとヨーロッパのエスプリが融合した曲です。
2005年の西新宿三井ビルのアトリウムでのコンサート模様です。


Queenの名曲"Love of my life"のオーケストラアレンジです。ピアノと編曲を大野がやってます。
同じく2005年の西新宿三井ビルのアトリウムでのコンサート模様です。


大野の"911とその後の戦争の犠牲者に捧ぐ" 曲です
2008年のセプテンバーコンサート(高井戸倶楽部)の模様です。


大野の作品「君の笑顔を見てみたい」
戦争で家族を失った孤児たちの歌で、大野のプロテストソングです。大野がプロデユースしている奥津恵が歌っています。
2008年の4月 川崎市教育会館での演奏模様です。



大野恭史劇伴その他動画集

1.劇場公開ドキュメンタリー映画"涙の数だけ笑おうよ"

劇場公開ドキュメンタリー映画"涙の数だけ笑おうよのテーマ曲。主役のかん平師匠の高座の音楽"金毘羅ふねふね"のジャズバージョンです


2.ビデオアート作品 "Salome"

ビジュアリスト手塚眞とのコラボレーションで実現したCGベースの作品"Salome"


3.So Happy Dream

業務用ペットシャンプーのキャンペーンソングです


4.明日への扉ーThe door into tomorrow

ゲーム "Little Lovers 2nd"のテーマ曲によるプロモーションビデオです


5.Yama-Oni

ジブリ調のアニメーション作品. 取手屋外映画祭でビエンの会賞受賞


6.この坂道

短編映画"この坂道".スキップシテイ国際Dシネマ映画祭、 ショートショートフィルム映画祭(SSFA)入選作品


7.ビデオアート作品 "Opheria"

ビジュアリスト手塚眞とのコラボレーションで実現したビデオアート作品


8.Mei-ho-do Commercial

上海国際映画祭の館内用CMー中国の地上波テレビでもオンエア


9.俺たちの世界

ぴあフィルムフェステイバル三部門受賞。ニューヨークアジア国際映画祭新人賞受賞



お問い合わせはこちら

アクセス解析


お問い合わせはこちら